パクチー(コリアンダー)の収穫時期と収穫方法は?

パクチーの収穫時期と収穫方法は?

1.パクチーの収穫について

パクチーの収穫について

パクチーの収穫はいつからいつまでの時期に収穫できるのか、また、パクチーの収穫タイミングはいつが良いのか、パクチーはどのように収穫すればよいのか、パクチーの収穫で気をつけることは何かなど、疑問に思われている方も多いので、今回はパクチーの収穫について見ていきたいと思います。

パクチー(コリアンダー)の栽培データ
■パクチーの栽培難易度:★☆☆☆☆
■分類: セリ科コエンドロ属
■原産地:地中海沿岸
■パクチーの旬:春3月~5月、秋冬9月~11月
■栽培時期:春まき・秋まき
■春の種まき:3~4月、植え付け:3~4月、収穫時期:3~5月
■秋の種まき:9~10月、植え付け:9~10月、収穫時期:9~11月

2.パクチーの収穫時期

パクチーの収穫時期

パクチーは春まきであれば、3~4月に種をまいて、3~4月に植え付けをし、3~5月に収穫時期を迎えます。
秋まきであれば、9~10月に種をまいて、9~10月に植え付けをし、9~11月に収穫時期を迎えます。

パクチーは、葉を収穫する場合と、種を収穫する場合がありますが、パクチーの葉はの収穫までの期間は、植え付けから40日ほどで、パクチーの種の収穫までの期間は、植え付けから120日ほどになります。

パクチーの収穫タイミングは、時期や草丈から判断できます。
パクチーの収穫は、晴れた日の朝か夕方の時間帯に行うと良いでしょう。

パクチーは花が咲くと新しく葉をつけることが無くなるので、葉の収穫は一般的に花芽が出るまでに行います。
パクチーは成長していくと葉の幅が細くなり、葉が硬くなり苦味やエグみが強くなるので、蕾をつけ始めたら早期に収穫しましょう。

パクチーは、一般的に草丈が20cm程度まで生育する頃までが収穫時期です。
草丈が20㎝程度まで生育したら、随時食感が柔らかく味の良い若葉を収穫していきましょう。

3.パクチーの収穫方法

パクチーの収穫方法

パクチーの収穫方法は、簡単です。
手でパクチーの株元から摘み取るか、株ごと引き抜いて収穫します。
無理やり葉っぱや、茎の部分で引っ張ると、途中でちぎれてしまったり、折れてしまったりするので気を付けましょう。

パクチーの保存方法は、コップに水を入れパクチの根元をつけた後、濡らしたキッチンペーパーなどで株全体を包んで野菜室に入れて保存します。
水分を与えて、乾燥させてないように保存を行えば野菜室で2週間ほど保存可能です。
冷凍保存したい場合は、パクチーの根を落とし、茎葉を刻んでからパックなどに入れて冷凍できます。
冷凍保存であれば、一ヶ月ほど保存が可能です。

パクチーの種子の収穫を目的とする場合には、蕾を摘み取る必要がありませんが、種が茶色くなってから、株ごと刈り取っていきます。
刈り取ったパクチーの株は、風通しの良い日陰で乾燥させます。
乾燥すると株全体が茶色くなってくるので、株の先端についている種をふるい落として、種を収穫していきます。

パクチーの収穫時期と収穫方法は?を読んだあなたにおすすめの記事:

パクチーの間引き

パクチー(コリアンダー)の間引き方法は?

2021年7月17日
パクチー

パクチー(コリアンダー)の後作に植えても良い野菜とは?(連作障害)

2018年9月23日

パクチーの収穫時期と収穫方法は?